[前回の表示画面に戻る]
記事No.3092とレス記事を表示します。
  無題 投稿者こくーん - 2016/04/01(Fri) 13:58 No.3092  
度々失礼します。

3月の中頃から、
血漿交換の免疫吸着を6回しました。
1回目を始める前に、管を通す処置で、
首の血管が細すぎて何回か試みるも
管を通すことが出来ず、
麻酔をしてても激痛でした。
鼠径部に通すことになり、やっと
通った時には2時間が経っていました。
疲れと痛みの中、血漿交換が始まるも、
血圧が80、心拍数40まで下がり、
嘔吐の繰り返しで大変でした。
意識も飛んだようですが、
覚えていません。
結局、初日は半分ぐらいで終了しました。
しかし2回目からは、ゆっくりとした時間で進め、
ヘパリンを注入すると言われてから何も起きずでした。
3回、4回と終えて行くと、
どんどん調子が良くなりました。

今は車イスから歩行まで
出来るようになり、
自主的に歩行練習もしたら、
通常に歩けるようになりました。
嚥下障害も無くなり、瞼もしっかり開いています。

血漿交換の管は、6回終えたあとに
感染症になってしまい、白血球が
15000まで上がったので、抜きました。
再度、管を入れなおすか検討されましたが、
感染症も起こしているので、
ここで一旦、血漿交換は終了しました。

抗生物質の点滴を1日3回していますが、
落ちついています。
血液検査次第ですが、来週中には
退院予定となりました。

長い2ヶ月でしたが、やっと私にも
春が来ると思いました。

ただ血漿交換の効き目が、
いつまで続くかは分からないとの
ことで、帰って又、症状が出たら、
すぐに病院に戻らないといけないとのことでした。

やはり不安ではありますが、
日常生活に少しずつ慣らして
いきたいなと思っています。


下のフォームから、この記事に返信ができます。
おなまえ
Eメール   非公開
題  名  
コメント【URLは先頭のhttを抜いて書き込んで下さい。】
URL【URLは先頭のhttを抜いて書き込んで下さい。】
削除キー (英数字で8文字以内)
題名の色
本文の色